笑顔の夫婦

糖尿病はサプリで改善に近づける|生活の質を高める

食品と飲み物

健康補助食品

納豆の効能

食生活の見直しによって体を健康的なものにすることは非常に有効です。そういう意味で納豆を食べることは非常におすすめです。ビタミンB2、レシチンなどの成分が含まれていてヘモグロビンa1cを下げるのに役立ちます。特に、ビタミンB2は脂質の代謝効果もありますのでおすすめの成分です。また、レシチンにはヘモグロビンa1cを下げるインスリンの分泌量を促す働きがあります。ヘモグロビンa1cは糖尿病になるかどうかを決める要因にもなりますので、納豆を食べるようにすると良いでしょう。しかも、納豆にはナットウキナーゼがあります。これは血液の塊である血栓を解消してくれる働きがあります。糖尿病の合併症を防止する役割を持っているので納豆はおすすめです。

食品と飲み物

アルギニンが含有されているスルメを食べると、ヘモグロビンa1cの上昇をゆるやかにしてくれます。なぜこのような効果があるかというと、インスリンの分泌を促進してくれるからです。インスリンは血糖値の改善に効果的ですので、スルメを食べることはおすすめです。また、カツオ節にはアンセリンとカルシノンという抗酸化物質が多く入っています。これらの成分は糖化を防止してくれますので、糖尿病の防止になりますし、合併症を予防することも可能です。さらに、飲み物としてのコーヒーにはクロロゲン酸が入っていますので効果が大きいです。できるだけブラックコーヒーで飲むようにします。砂糖やミルクを入れてしまうと血糖値の上昇につながりますので控えましょう。